柔道まつり

-全日本柔道普及会について-

昭和34年5月23日に故伊藤四男先生の九段昇段にあわせ、還暦の祝賀会を開催しようとの趣旨から河野稔先生を中心に多くの方が奔走され、各界著名の方々の賛同のもと、企画されました。

その会の終了後、河野先生よりこのような会をこの場だけで解散してしまうのは残念だ、伊藤先生をを軸にして日本の柔道を隆盛にし、青少年の健全育成と町道場の振興を図る会として残そうではないかと発案があり、参加者全員賛同のもと、同年10月に河野先生を会長とした柔和会が誕生致しました。

その後の昭和44年5月24日に行われた柔和会役員会において、柔道普及大会を行おうとの発案により、昭和45年7月12日、普門館において第一回柔道まつり大会を開催する運びとなりました。

更に同年10月に名称を全日本柔道普及会と改め、新たな目的・趣旨を設定し、現在に引き継がれております。

又、全日本柔道普及会は平成11年12月に特定非営利活動法人の認証を取得し、現在、特定非営利活動法人全日本柔道普及会と改称して活動し、現在に至っております。